価値をベースにした消費や働き方へ

世界中でモノが溢れ、これ以上の消費はできないところまできており、納得できるもの、一人ひとりの価値観に合ったものだけが選ばれる時代になっています。
働き方においても、一定の経済的自立を保った上で、自ら主体的に活動できる環境が求められているのです。