日々行われている業務実態を把握するため、まずは簡易的にクラウドに集めデータで示せるようにしていきます。